会員を呼べる指導者”になるために
現役ナショナルチームで採用しているコーチング法
“誰でも・簡単に・わかりやすく!”お教えします。

「水泳入門」は非常に人気が高く、スポーツ施設にとって、大きなポテンシャルを秘めたプログラムと言えるでしょう。しかし受講者から「泳げるようになれない!」「楽しくない!」という声を多く聞くのも現状です。日本にあるほとんどのスクールには進級基準があり、「潜るレッスン」であれば潜ることのみを目的する“点”の指導をしています。本来、潜る練習には泳法の習得へと一本の線でつながっているのですが、“点”でのみ教えられた受講者は、意味を理解出来ないまま、例え25m泳げたとしてもその先が続きません。もし現場の指導者に点と点を線でつなぐプラスαのコーチング術があれば、公営プールから将来のオリンピック選手が生まれることも。日本の水泳界を支えているのは、コーチの皆さんです!私達と一緒に日本のプールを元気にしていきましょう!

”上手く””綺麗に”泳げるようになるために
水中でのカラダのメカニズムを頭で理解することで、より上手く、美しく泳ぐことが出来るようになります。

「泳ぐ」ということは誰にでも出来ることです。ただ上手く、綺麗に泳ぐスイマーは非常に少ないのが現状です。上手く・綺麗に泳ぐことで、カラダの負担を軽くし、タイムも短縮する近道になります。本質的な泳法を身に付け、楽しいスイミングライフを手に入れましょう!

JECODA公認スイミングマイスターとは?

JECODA公認スイミングマイスター B級講座内容

『泳ぐ為の土壌』を創出

水の特性、水泳指導の基本、基礎指導法などを学ぶ、座学6時間・実技3時間の講座を実施します。

B級コース
内容例
「もぐる」=「頭まで入る」ではない

進級テスト(点)で考えれば問題ない。水泳の上達(線)で考えると足りない。

きれいに気持ち良く「浮く・泳ぐ」には…?

浮き袋(肺)を自分の意思で沈め大きな浮力と仲良くなる必要がある。
→ 深く長く潜ろうとするとその感覚を得られる…それが「もぐる」

「頭まで入る」だけでは繋がりが生まれない

伸び悩みや難しくて嫌になる原因のひとつになる。

メリットは?
  • 繋がりがあれば頑張って教えなくても自然にできるようになる
  • 指導に余裕が出る
  • 安全・笑顔・長所を発見する目・優しい言葉が生まれる

B級コース修了後、様々な泳法の指導方法、選手養成を学ぶ『A級コース』の講座を受講できます。

JECODA公認スイミングマイスター講座の講師Lecturer of JECODA

充実した講師陣はナショナルチーム経験者やオリンピックメダリスト、
ナショナルチームの現役コーチを中心にした布陣で皆さんをバックアップします!

  • 高城直基

    生年月日
    1979年7月28日
    出身地
    東京都
    所属
    GSPR
    身長
    169cm
    体重
    70kg
    血液型
    O型
    出身校
    本郷高等学校
        日本大学
    受賞歴
    日本体育協会公認スポーツ指導者等表彰
    文部科学省 スポーツ功労者顕彰
    日本スイミングクラブ協会 優秀コーチ表彰
    神奈川県水泳連盟 功労者表彰
    日本水泳連盟90周年 功労賞
    指導選手
    立石諒
    山田拓朗(リオデジャネイロ パラリンピック日本代表)
  • 立石諒

    生年月日
    1989年6月12日
    出身地
    神奈川県
    所属
    ミキハウス
    身長
    183cm
    体重
    73kg
    血液型
    AB型
    出身校
    湘南工科大学付属高校
        慶應義塾大学
    主な戦績
    2010年パンパシフィック選手権
     100m平泳ぎ 4位
    2010年W杯東京大会
     100m平泳ぎ 優勝
    2012年ロンドンオリンピック
     200m平泳ぎ 銅メダル   等